コンダクターは見つめている

今年に入って、気づけばもう3ヶ月目

この2ヶ月間は一言で言うなら「嵐」のようで

それでいて、静で

「静の動」とはまさにこのこと



楽曲を制作したり、アレンジをしたり、譜面を制作したり、楽器を弾いたり。
…もちろんオリジナルの楽曲を制作することも。
同じ音楽というジャンルでも、やるべきことは山ほどある。

ここ10年の制作環境や、作品の制作過程の変化を、色々と考えていた

この先10年…きっと時代は変化していくのだろう。
だから常にアンテナをはっていないと

スクリーンショット 2013-02-28 16.01.30

ここ数日は、50トラックを超えるアレンジをしていた。

オーケストラ音源ということもあり、さすがに少々負荷がかかる。
全体重いし、たまにエラーも起きる


コンダクターがタクトを振る。
それだけでは音楽は奏でられない。


奏者よ、50トラックを超えても、
ソロで演奏するのと同じくらい緊張感を持って、
コンダクターの方を向いてどうかしっかり演奏してくれ


過去のことを考えれば、動きの良さは歴然だが、
これから10年どうなるか、見ものである。


関連記事
TSUKINOSORA
Posted byTSUKINOSORA