自然いっぱいの森のスタジオへ

以前のスタジオからの荷物運びが無事終わり、
しばらく既存の制作用デスクで仕事を頑張っていましたが、
数日前、とても嬉しい知らせが舞い込んで来ました。

あーでもないこーでもないと何度も設計図を書き直して悩んでいた、
制作デスク一式が無事に完成して届けていただけるということで!
ほんとうに楽しみで楽しみで!
 私が手書きで書いた設計図を元に、
家具を作って下さる方に実際に相談して、
一つ一つ詳細を決めて頂いた、完全オーダーメイドデスクです。




2015129_2.jpg
スピーカーの手前にはA4の資料がはみ出さずに置けるサイズなので、
スコアのチェック等がとても楽になりました。

私の場合は音楽制作の際は必ずピアノを使用しますので、
PCモニターやモニタースピーカー等の下に、
演奏中以外はしまえるような構造のスライド式にしてもらっています。
ピアノの鍵盤は木製で20kg以上あるので、比較的重いモデルですが、
その重さをしっかりと支えられるような構造にしてもらっています。

鍵盤の高さも、通常のグランドピアノと同じ高さになるよう、
計算した上で、それぞれの家具の高さを決めるようにしました。

左側には段が自由に変えられる音楽機材専用ラックと、
両面からCD、楽譜、仕事資料が入るようなカウンターデスクを、
右側には、文房具や機材小物を収納出来るキャビネットを、
スタジオ用の音楽制作デスク一式として、セットで作って頂きました。
キャスターがついているので、ロックを外せば移動も楽々です。
(持ち手のアイアンやキャビネットガラスは、
今まで一つ一つ個人的に集めてきたものを取り付けていただいてます)




机の上に機材やヘッドフォン等色々置いてもまだ全然余裕があり、
物を書くのも楽になりました。


届いて間もなく、木の香りが部屋いっぱいに広がりました。
なんだか、とてもなつかしい香りです。

木に触れても、冷たくなくて、PCキーボードを打っている間も、
机にあたっている手首も痛くなりません。

設置した制作デスクの後ろにはグランドピアノがあり、
グランドピアノと音楽制作デスクがまとまったことで、
落ち着いて制作が出来るようになりました。




グランドピアノから音楽制作デスクへ移動が楽になりました。


手作りは、ほんとうに、
暖かくて、心地がいいです。




オーダーメイド家具の製作をおこなっていただいたのは

工房:vivre studio 様 です。

素敵な家具を沢山製作されてます。
様々なデザインや、カラーを作られているので、
お気に入りの商品が見つかるかもしれません。




朝には朝日が、夜には月が、窓からも見えるようになりました。
木々の色が日に日に変わって行くのが綺麗で。
でもそれと同時に落ち葉拾いが毎日必要なほどで、大変で。
そんな小さな一つ一つが、
とても小さな星の一つ一つのように、輝いて見えます。

これからの季節ごとの変化がとても楽しみですね。

関連記事
TSUKINOSORA
Posted byTSUKINOSORA