スタジオ設計ものがたり

楽しみがまた一つ増えました。

音楽制作をするお部屋のお話です。

新しくまた音楽制作部屋を作ることに。
グランドピアノも置くタイプで、お試し。

平面から立体的なイメージへ。
手書きからすごく簡易的なフリーソフトのCADを試してみると、
ものづくりが仕事の人間にとってはとても面白く感じます。
音楽とはまた違うデータ完成?の嬉しさがあるものですね。

今は素人でも、パソコンがあると、
ちょっとやってみると、結構面白い所までは、
やってみれるんだなと。

現在試行錯誤を重ねている、
スタジオ機材周りのチェックで、
色々と立体的に考えたくて試してみています。

飽くまで高さや幅の確認用だけれども、
自由に移動も出来るし、イメージしやすいと感じます。




2015102590249.png
何度も上から確認したり。窓から中をのぞいたり。

次のスタジオでは、より使いやすい用に、
ワークデスクや機材ラック、引き出し収納も全て0から設計。
機材周りの一新、とても楽しみです。

機材周辺は、何度も書き直したので、
最近購入した、0.2極細シャーペンの芯、
元から入っていたもの全て使い果たしてしまいました…。
設計だけで何十時間も費やしたのではないかと思います。




私が書いたど素人のへっぽこ設計図を元に、制作して頂きます。


果たして歴代のスタジオに比べて、この設計はどうなるのか。
楽しみながらやるっていうのは、たとえ課題の残る設計となっても、
また次へ繋がるステップとなるのでしょうか。
そう信じたいものですね。

今はただ完成が楽しみです。

関連記事
TSUKINOSORA
Posted byTSUKINOSORA