ジャケット&MV撮影の舞台裏のストーリー TSUKINOSORA - R

アルバムを作りこんでいく間
子どもの頃心から憧れていた
作曲家やアーティストを思い出すようにしている

08-min.jpg

子どもの頃から私は
テレビの画面で輝いて見える歌手よりも
歌手や奏者を密かに支える作曲家の存在に憧れていた

たまたま眺める機会が多かった
「CDジャーナル」という雑誌では
これから発売されるアルバムのジャケットが
1ページに何十枚分も載っていたし
アーティスト名やタイトルから品番まで
いっぺんに目に飛び込んで来た

インターネットがある今とは違うから
試聴も許されないままで想像は膨らむばかりだった

05-min.jpg

その当時から私は
今と同じような曲を
「エレクトーン」で作っていたと思う
というのも元々私はエレクトーン奏者だったから

でもCDショップに置かれるなんていうのは
夢のまた夢だと考えていたし
「アーティスト」なんて
つかみようのない雲の上の存在に思えた

11-min.jpg

だから今でも
私がアルバムを作るときには

伝えたいことを
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感を超えて
あらゆる形で伝えていくのが使命だと考えている

私は私から生まれた音楽を
そのまま届けたいと思っている

09-min.jpg

そのためには
「時代」にあった芸術の伝え方があり
絶対的な存在の「CD」という形で伝えたいという気持ちを越えて
「ストリーム配信」「映像コンテンツ」等へ理解を示し
逆にCDでは伝えきれなかった新たな可能性への期待へと
シフトしていく必要があるとも考えている…

01-min.jpg

今回のジャケット&ミュージックビデオ撮影が
アルバム収録曲がほとんど完成している段階でした

このスタジオ、この場所の雰囲気が
私が今伝えたいことに合致している部分があり
「ここでなければいけない」という気持ちで撮影しました

CDブックレットは
私の作品はインストゥルメンタルで
歌詞がないにもかかわらず8ページもあり(笑)
スタジオで撮影したものが収められています

上記に書いたように
アルバムジャケットやミュージックビデオも
音楽作品・芸術作品の一貫だと考えているので
一生懸命、悩み、考えて作りました

…文章が長くなりそうな予感がするので
また次の機会にでも、この続きを書きたいと思います

ここまで読んでくれてありがとう
そして9/10リリースしたばかりの
最新アルバム TSUKINOSORA - R 是非聴いてください📀🎶




関連記事
TSUKINOSORA
Posted byTSUKINOSORA